ソーシャルストリーム

DVRT Japan
DVRT Japan
Better Bodies Hiの高光隼人さん、クリーン&プレスチャレンジ成功おめでとうございます!
8月から3ヶ月努力を重ねて、5分50回のクリーン&プレス成功となりました。

Better Bodies Hi メンバーでは第一号のクリア、これからもDVRTのシステムをどんどんと活用してくださいね!

高光さんの所属するトレーニングジムに関して詳しくはこちらから
https://betterbodies.s-re.jp/bb/

様々なバックグラウンドを持つ運動指導者が多く学ぶDVRTのトレーニングシステムをオンラインで学ぶにはこちら
https://kinetikos.jp/seminar/4249
https://kinetikos.jp/seminar/2106

トレーニングアイディアが沢山詰まった、DVRTホームワークアウトテンプレートの無料のダウンロードはこちらから
https://kinetikos.jp/store/product/4324
DVRT Japan
DVRT Japan
DVRT Japan
ヒンジ、スクワットなど基礎的な動作がとてもバランス良く組み込まれた、愛媛のDVRT認定コーチ丹生野拓実さんのワークアウトを紹介します!

-クリーン&プレス(ヒンジ+プッシュ、パワー)
-オーバヘッドスクワット(スクワット)
-ベントオーバーロウ(プル)
-MAXランジ(ランジ)

15分間で出来るだけ多くのラウンドを行うAMRAPで。全身を15分でいい感じにトレーニングできます!

これを癒しとして行える丹生野さん、すごい(驚)

オーバーヘッドスクワットが難しいという人はフロントホールドやベアハグポジションに変えると同じ重さのバッグで難易度を変更できますよ。

丹生谷さんの所属するスタジオひら屋に関してはこちらから!http://www.hiraya2016.com/

全国のトレーニングジムで取り入れられているDVRTのトレーニングシステムをオンラインで学ぶにはこちら
https://kinetikos.jp/seminar/4249
https://kinetikos.jp/seminar/2106

トレーニングアイディアが沢山詰まった、DVRTホームワークアウトテンプレートの無料のダウンロードはこちらから
https://kinetikos.jp/store/product/4324

#dvrt #dvrtjapan #ultimatesandbag #アルティメイトサンドバッグ #funtionaltraining #ファンクショナルトレーニング @hiraya2016
DVRT Japan
DVRT Japan
DVRT Japan
混同しやすいヒンジ/スクワットのパターンの違いをしっかり理解して、同時に股関節や足首の可動性を向上させる3つの方法を紹介します。
ゆっくりと5〜8回行えば、トレーニング前のウォーミングアップにぴったりです。
※動画ではストレングスバッグを使用していますが、コアやパワーでも大丈夫です。
1)フロントホールドグッドモーニング→スクワット
2)オフセットポジション フロントホールドグッドモーニング→スクワット
3)フロントホールドグッドモーニング→スクワット→ニーリング

下記のポイントを意識すると、より良い動きを学習しやすくなります。
-USBを引き寄せて、肩甲帯を活性化させる
-しっかりと地面を踏みしめる
-ゆっくりと動いて、関わる筋肉群を活性化
-グッドモーニングは、膝を緩めて骨盤を後方に移動
-スクワットは、骨盤を下方に移動

最後のビデオでは、股関節、足首だけでなく、母趾球の伸展の可動性にもチャレンジを与えられます!

足首や足底の可動性に問題のある方は、ぜひ一つ目のビデオから試してみてくださいね!

基礎的な動きをより効率よく学び、より効率よく指導していくことを手助けするDVRTのトレーニングシステムをオンラインで学ぶにはこちら
https://kinetikos.jp/seminar/4249
https://kinetikos.jp/seminar/2106

トレーニングアイディアが沢山詰まった、DVRTホームワークアウトテンプレートの無料のダウンロードはこちらから
https://kinetikos.jp/store/product/4324
DVRT Japan
DVRT Japan
DVRT Japan
【短時間で全身をバランス良くトレーニングするには?】
忙しくて中々トレーニングの時間が取れないという人、部活で長時間スポーツをしていて、中々トレーニングの時間を割けない学生選手は多いと思います。コンプレックスという手法を使うとシンプルなエクササイズの組み合わせで短時間に全身をバランス良くトレーニングすることが可能になります。

5種類の各エクササイズを5回行う間、一度も床に下ろさずに全てのエクササイズを行います。
この組み合わせを15分間で出来るだけ多くのセットを行うようにします。

シンプルな組み合わせですが、基礎的な動きが網羅されるようになっています。

是非試してみてくださいね!

基礎的な動きをより効率よく学び、より効率よく指導していくことを手助けするDVRTのトレーニングシステムをオンラインで学ぶにはこちら
https://kinetikos.jp/seminar/4249
https://kinetikos.jp/seminar/2106

トレーニングアイディアが沢山詰まった、DVRTホームワークアウトテンプレートの無料のダウンロードはこちらから
https://kinetikos.jp/store/product/4324

#dvrt #dvrtjapan #functionaltraining #アルティメイトサンドバッグ #ファンクショナルトレーニング
DVRT Japan
DVRT Japan
DVRT Japan
【クリーンアンドプレスチャレンジ成功への道】
クリーン、プレスとしっかりとしたフォームの確立ができたら、今度は5分間に50回正確に行うための持久力を構築する必要があります。
ただ最初から10回5セット=50回を行うのは、難易度が高いので1分間に5回、6回、7回と少な目の回数を行うと身体を徐々に適応させることができます。
動画のクライアントさんは現在1分回に7回x7セットにチャレンジ中。
これが達成出来たら1分回に8回7セットに進みます。

中々クリーンアンドプレスが成功できないという人は、ぜひ試してみてくださいね!

基礎的な動きをより効率よく学び、より効率よく指導していくことを手助けするDVRTのトレーニングシステムをオンラインで学ぶにはこちら
https://kinetikos.jp/seminar/4249
https://kinetikos.jp/seminar/2106

トレーニングアイディアが沢山詰まった、DVRTホームワークアウトテンプレートの無料のダウンロードはこちらから
https://kinetikos.jp/store/product/4324

#dvrt #dvrtjapan #cleanandpresschallenge #アルティメイトサンドバッグ #クリーンアンドプレス #ファンクショナルトレーニング
DVRT Japan
DVRT Japan
DVRT Japan
左右の脚が非対称に動き、片足の局面で高度な安定性を求められるランジを苦手にする人は結構多いですが、USBとスライダーを活用するとより安全に効率的にランジの動きのパターンを学ぶことができます!

1. USBを引き離す→肩甲帯を活性化し、臀筋を始めとするポステリアチェーンが働きやすくなる
2. USBをプレスアウト→カウンターバランスが取れることで姿勢を制御しやすくなる
3. 前足でしっかりと地面を押す→臀筋を活性化する
4. スライダーに乗っている母趾球のエリアで地面を捉える→安定した姿勢を作りやすくなる
5. スライダーの使用→片足の局面をなくすことで安定感を得やすい

左足でのランジに不安定感を感じていたクライアントさんですが、今ではしっかりと力強く自信を持ってランジを行えるようになりました!

基礎的な動きをより効率よく学び、より効率よく指導していくことを手助けするDVRTのトレーニングシステムをオンラインで学ぶにはこちら
https://kinetikos.jp/seminar/4249
https://kinetikos.jp/seminar/2106

トレーニングアイディアが沢山詰まった、DVRTホームワークアウトテンプレートの無料のダウンロードはこちらから
https://kinetikos.jp/store/product/4324
DVRT Japan